KOJIMA CLINIC

大阪「高安」駅、「瓢箪山」駅近くの小島眼科医院

小島眼科医院
高安本院072-991-4107 瓢箪山分院072-980-1177
緑内障検査

緑内障について

緑内障は視野に欠損が出来進行すると失明してしまう疾患で、日本人の失明原因の1位。 40歳以上の5%の方、20人に1人が罹患(りかん)していると言われています。治療は主に点眼で進行を遅らせる方法を取りますが、失った視野は回復できません。また、自分では罹患(りかん)していることになかなか気付きません。気付いた時にはかなり進行してしまっていることがほとんどですので40歳以上の方は年に一度の検査をおすすめします。

緑内障検査のながれ

1.

眼圧の検査

さまざまな原因で水晶体が変性して、濁ってくる病気です。日常生活に不自由を感じるようであれば、手術をお勧めします。さまざまな原因で水晶体が変性して、濁ってくる病気です。日常生活に不自由を感じるようであれば、手術をお勧めします。さまざまな原因で水晶体が変性して、濁ってくる病気です。日常生活に不自由を感じるようであれば、手術をお勧めします。

2.

眼圧の検査

眼圧が正常範囲である「正常眼圧緑内障」は緑内障の半数以上を占めます。そのため視神経の異常に伴う視神経の形状の変化、網膜の神経線維の欠損を診る眼底検査も必ずおこないます。

3.

視野の検査

緑内障は視神経の異常により視野が欠損していく病気。その視野欠損の有無や範囲の大きさ及び程度を検査し、緑内障の進行度合いを診断します。

4.

視野の検査

網膜神経線維の厚みを計測する検査機器。緑内障になると線維が薄くなります。視野計などでは判定出来ない初期の緑内障も診断出来ます。


最新の前眼部OCTを導入し前眼部、隅角の状態をより正確に観察。
閉塞隅角緑内障の診断、治療に飛躍的な進化を提供。

img_07

従来よりも深部、角膜の全面から水晶体の後面まで捉えることができる前眼部OCT「CASIA2」を導入。

img_08

CASIA2で計測した前眼部OCT像と、角膜全面・後面データ。従来より精密で、撮影時間も短い。

topへ戻る